スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインの黄金

ラインの黄金シェロ-s

ワーグナー:楽劇《ラインの黄金》全曲 

ヴォータン…ドナルド・マッキンタイア(バリトン)
ドンナー…マルティン・エーゲル(バリトン)
フロー…ジークフリート・イェルザレム(テノール)
ローゲ…ハインツ・ツェドニク(テノール)
ファゾルト…マッティ・サルミネン(バス)
ファフナー…フリッツ・ヒューブナー(バス)
アルベリヒ…ヘルマン・ベヒト(バス)
ミーメ…ヘルムート・パンプフ(テノール)
フリッカ…ハンナ・シュヴァルツ(メッゾ・ソプラノ)
フライア…カルメン・レッペル(ソプラノ)
エルダ…オルトルン・ヴェンケル(メッゾ・ソプラノ)
ヴォークリンデ…ノーマ・シャープ(ソプラノ)
ヴェルグンデ…イルゼ・グラマツキ(アルト)
フロースヒルデ…マルガ・シムル(ソプラノ)

バイロイト祝祭管弦楽団
指揮:ピエール・ブーレーズ
演出:パトリス・シェロー
143分

★★

バイロイト開場100年を記念して、1980年に行なわれたワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」全曲公演から前夜祭「ラインの黄金」の映像化。シェローとブーレーズというフランス人コンビによるワーグナー作品で、当時は演出解釈が物議をかもしたりしたそうだけど、今となっては「ニーベルングの指環」の映像化作品の中では代表的な扱いをされている。

コスチュームはオリジナルの神話の世界観からかなりはずれているものの、巨人がちゃんと巨人っぽかったり、アルべリッヒの変身シーンもなかなか頑張っているので、いろんなアレンジは大胆なギリギリ許せる範囲。ただ、この作品っが「ニーベルングの指環」の決定版と考えるのはどうも・・・

古い考えだけどやっぱり神話の世界観は忠実に再現してほしいかなぁ。。


ラインの黄金01
冒頭のラインの乙女がたむろしているのは巨大なダム???

ラインの黄金02
ラインの黄金に手をかけるアルベリッヒ。

ラインの黄金03
このアルベリッヒはさすがに小人というわけにはいかなかったようで。。。

ラインの黄金04
神々の世界の壮大な背景。

ラインの黄金05
手前でかがんでいる男が火の神ローゲ。出来れば衣装は真っ赤にしてほしかったかな。

ラインの黄金06
ちゃんと歩き回るし頭も大きめにメイクアップしてあってな秀逸な二人の巨人。

ラインの黄金07
ニーベルングの地下世界に潜入したヴォータンとローゲ。

ラインの黄金08
蛇に変身したアルベリッヒと対峙するローゲ。

ラインの黄金09
アルベリッヒを取り囲むニーベルングの住民。ちゃんと小さい。

ラインの黄金10
神々に警告するエルダ。こうやってみると意外とワーグナーの演出指示に副ってる?

ラインの黄金11
ヴォータン(手前)とドンナー(後ろ)の唯一の見せ場。

ラインの黄金12
神々のワルハラへの入場。これも意外とオリジナルの世界観っぽいかも。





スポンサーサイト

エルム街の悪夢

nightmare_on_elm_street

A Nightmare on Elm Street
1984年アメリカ 91分 

監督:ウェス・クレイブン
脚本:ウェス・クレイヴン
製作:ロバート・シェイ
製作総指揮:スタンリー・ダデルソン、ジョセフ・ウルフ
音楽:チャールズ・バーンスタイン
撮影:ジャック・ヘイトキン

出演者:ヘザー・ランゲンカンプ、ロバート・イングランド、ジョン・サクソン、ジョニー・デップ 他

★★

早いもので、この作品も公開されてから20年以上。ちょうどレンタルビデオ店が大ブレイクする前夜みたいな時期で、ちっちゃなレンタル店が乱立、1年でベンツを買ったと思ったら1年で自転車に・・・なんて時代。ホラーブームに乗っかっていくつも登場した映画の中で、キャラクターを確立して続編が何本も制作された数少ない1本。ちなみにこれがジョニー・デップの映画デビュー作品。

久しぶりにみた見たら意外とちゃんと作ってるんで感心した。同じ時期の「13日の金曜日」よりは、シナリオも影像もよっぽどしっかりしてる。夢の中に出てくるモンスターという、手の施しようがない相手に対峙するヒロイン。ともすればつまらなくなりがちな設定なのに、うまーく説得力を持たせた展開にもっていってるので、見ててそれなりに納得できた。

フレディ役のロバート・イングランドは、同じ頃にレンタル店で大ヒットして常に貸し出し中だった「V」シリーズに出てた人。こっちでは素顔を出しているので、たっぷりとフレディの素顔を堪能出きる。。。っていうか、この役者がまさかこんな当たり役をつかむなんて思いもしなかった。



「子供らの縄跳びの歌」
One, two, Freddy's coming for you. (1・2 フレディがやってくる)
Three, four, better lock your door. (3・4 ドアに鍵をかけて)
Five, six, grab your crucifix.(5・6 十字架を握りしめて)
Seven, eight, gonna stay up late. (7・8 しっかり目を覚まして)
Nine, ten, never sleep again...(9・10 眠りにおちないように)


エルム街の悪夢01-s


エルム街の悪夢01-01
記念すべき?フレディの初登場シーン

エルム街の悪夢01-02
B級ホラーとはいいながら、意外と凝った演出がされてたんです

エルム街の悪夢01-03
ヒロインのナンシーはどこにでもいそうな普通の女の子

エルム街の悪夢01-04
右手に爪、赤と緑のチェックのシャツを着れば誰でもフレディの化身に

エルム街の悪夢01-05
「ナンシー、寝てはいけない!」当時、テレビのコマーシャルにも使われた超有名シーン

エルム街の悪夢01-06
フレディと対決するナンシー

エルム街の悪夢01-07
基本的にこの映画はコミカルなんだと思う。このシーンなんかまさに

エルム街の悪夢01-08
フレディの最後。この頃は撃退方法もなかなか凝ってました

エルム街の悪夢01-09
最後のオチもちゃんとわきまえてますね



エルム街の悪夢 スペシャル・エディション [DVD]エルム街の悪夢 スペシャル・エディション [DVD]
(2004/03/26)
ヘザー・ランゲンカンプ、ジョン・サクソン 他

商品詳細を見る


エルム街の悪夢 プラチナムDVD-BOX(8枚組)エルム街の悪夢 プラチナムDVD-BOX(8枚組)
(2008/07/04)
ロバート・イングランド

商品詳細を見る


エルム街の悪夢 [Blu-ray]エルム街の悪夢 [Blu-ray]
(2011/04/21)
ジャッキー・アール・ヘイリー、カイル・ガルナー 他

商品詳細を見る


フレディ 衣装、コスチューム 大人女性用 エルム街の悪夢 セクシー  サイズXSフレディ 衣装、コスチューム 大人女性用 エルム街の悪夢 セクシー  サイズXS
()
RUBIE'S JAPAN

商品詳細を見る


Living Dead Dolls エルム街の悪夢(2010年)「フレディ クルーガー」Living Dead Dolls エルム街の悪夢(2010年)「フレディ クルーガー」
()
メズコ

商品詳細を見る


エルム街の悪夢 フレディ マスクエルム街の悪夢 フレディ マスク
()
RUBIE'S JAPAN

商品詳細を見る

悪魔のいけにえ

texas_chainsaw_massacre-s.jpg

The Texas Chain Saw Massacre
1975年アメリカ 83分

監督 トビー・フーパー
脚本 キム・ヘンケル、トビー・フーパー
製作 トビー・フーパー、ルー・ペレイノ
製作総指揮 ジェイ・パースレイ
音楽 ウェイン・ベル、トビー・フーパー
編集 ラリー・キャロル
 
出演:マリリン・バーンズ、ガンナー・ハンセン、エドウィン・ニール、ジム・シードー 他

★★★

トビー・フーパーが16mmで撮った劇場デビュー作にして、スプラッターのバイブル。狂った殺人鬼に若者たちが次々と殺される単純な内容でありながら、他の残酷ホラーの追随を許さない大傑作。ただしあくまでもホラーというジャンルに限っての名作なので、人によっては(ほとんどの人が?)この映画をみたら嫌悪感をもよおすこと必至。そういう意味では永井豪の最高傑作「オモライくん」と近いとがあるような。。。

日本版のポスターデザインがなんともB級っぽくて、当時は似たようなデザインのくだらない作品がいくつもあったから、なぜこの「悪魔のいけにえ」だけが絶賛されるのかとても疑問だった。なんだかんだいってこの映画を初めてみたのはたぶん10年くらい前だから、公開されて30年近くたってから。仕事でビデオを撮るための参考にしようと思ってホラーばっかり見た中では、確かにこの映画は飛びぬけていた。制作された時代や条件、作り手のテンション、当て込まれた役者・・・いろんな条件が奇跡的に重ならないと出来ない映像がたっぷりと詰め込まれた、そんな感じの映画だった。

この映画のどこが凄いって、内容がほぼないに等しいにも関わらず、90分間飽きさせないで異常なテンションを保ち続けるところ。殺人鬼の心理描写は一切省略して残虐行為のみを追いかけるドキュメンタリー風の影像効果で、観る側は殺人鬼の素性も動機も分からず惨殺されていく犠牲者と同じ立場で、不条理な恐怖を味あわされる。ヒッチコックは観客がある場面では被害者に同調、別の場面では加害者に同調するよう計算して作品を作り上げたけど(典型的な例が「サイコ」)、この「悪魔のいけにえ」では、見る側が殺人鬼に同調するところはまったくなし。それがこれだけの恐怖の描写につながったわけで、そこには必然と偶然がいろいろ絡み合った結果でもある。

監督のトビー・フーパーはテキサス大学在学中に〝テキサス・タワー・ライフル事件〟という死者13人を出した事件現場に立ち会った後、ベトナム戦争の反戦ドキュメンタリーを撮っている。なので電動ノコギリを振り回して迫ってくる殺人鬼は、殺しても殺しても迫ってくるベトナム兵士の姿が強く感じられてるのは、ベトナム戦争の影響を否定できない。

トビー・フーパーはこの作品の後、基本的にはホラー路線で「スペース・バンパイア」みたいな大作をいくつも手がけるものの、「悪魔のいけにえ」のテンションに匹敵する作品はまったくなし。作られた時代、作り手のテンション、集められた役者・・・・いろんな要素が偶然に作用して生まれた奇跡的作品。なんだけど、下手に人に勧めると人間性を疑われるかねないので要注意。


悪魔のいけにえ-s
悪魔のいけにえ 日本版ポスター


悪魔のいけにえ-01
ドキュメンタリー風のドラマの見本的演出なので、演出を勉強するにはオススメ。

悪魔のいけにえ-02
せっとじゃなくて偶然みつけた廃屋を使ったような・・

悪魔のいけにえ-03
レザーフェイスの初登場シーン。まさかこれがホラーの定番キャラクターになるとは。

悪魔のいけにえ-04
この串刺しシーンには誰もが本当に痛いって感じたはず。

悪魔のいけにえ-06
淡々とした撮影と異常なテンションの役者の演技がとても効果的。

悪魔のいけにえ-07
とにかくこの作品ではマイナーな役者の演技が絶品。

悪魔のいけにえ-08
エドガー・アラン・ポーの「ペスト王」っぽい殺人ファミリー全員集合シーン。

悪魔のいけにえ-09
こういう演出も効果的で、マネしようと思ってもなかなか出来ません。

悪魔のいけにえ-10
クライマックスの追いかけっこ。

悪魔のいけにえ-11
そして夕陽に踊るレザーフェイス o( ̄▽ ̄;)





レザーフェイス
レザーフェイス ミニバスト

ガリバーの大冒険

three worlds of gulliver-s

The 3 Worlds of Gulliver
1960年イギリス 94分

監督:ジャック・シャー
製作:チャールズ・H・シニア
原作:ジョナサン・スウィフト
脚本:アーサー・ロス、ジャック・シャー
撮影:ウィルキー・クーパー
特撮:レイ・ハリーハウゼン
音楽:バーナード・ハーマン
出演:カーウィン・マシューズ、ジョー・モロー、ベイジル・シドニー 他

★★

1726年に出版された「ガリヴァー旅行記」の映画化。原作は小人の国、巨人の国、空飛ぶ島ラピュータ、知的な馬の国と4つの話からなっていて、この作品では、小人の国と巨人の国の2話までが描かれている。空飛ぶ島の話は「天空の白ラピュタ」の元ネタとして有名なので、それを期待してしまうとあれっとなるので要注意。

ハリーハウゼンお得意の人形アニメはほとんど出てこないものの、作品のクオリティはけっして低くない。むしろ意外なくらい丁寧に作ってるのでちょっとびっくり。日本では劇場未公開だし、非常にマイナーな感じがするのは、多分元になっている作品が子供向けの御伽噺として定着しているからなのかな。大人向けの映画かもしれないけど、むしろ子供に見せてあげたいような作品。


ガリバーの大冒険-1
ガリバーの中では特に小人の国の話は有名。昔はガリバーといえば小人の国しかないと思ってたくらい。

ガリバーの大冒険-2
スクリーンプロセスのシンプルな合成。

ガリバーの大冒険-3
巨大人間と群集の組み合わせは、怪獣映画を見慣れた目にはどうしても馴染めなかったりして・・・

ガリバーの大冒険-5
こんどは小人として扱われるガリバー。

ガリバーの大冒険-6
どうしてもやりたかったという感じで、ちょっとだけ出てくるストップアニメーション。



ガリバーの大冒険 [DVD]ガリバーの大冒険 [DVD]
(2009/12/23)
ジョー・モロー、カーウィン・マシューズ 他

商品詳細を見る


シンドバッド7回目の航海

The 7th Voyage of Sinbad-s

The Seventh Voyage of Sinbad
1958年アメリカ 88分

監督:ネイザン・ジュラン
製作:チャールズ・H・シニア
製作補:レイ・ハリーハウゼン
脚本:ケネス・コルブ
撮影:ウィルキー・クーパー
特撮:レイ・ハリーハウゼン
編集:エドウィン・ブライアント、ジェローム・トムス
音楽:バーナード・ハーマン
 
出演:カーウィン・マシューズ、キャスリン・グラント、トリン・サッチャー、リチャード・アイアー 他

★★★

ハリーハウゼン代表的作品。初めてのカラーということもあって、これまで蓄積したものが一気にはじけたかのような、特出した出来栄え。実写とアニメーションを合成する技術として〝ダイナメーション〟という言葉が初めて使われたのはこの作品からで、〝ダイナメーション〟とは〝ダイナミック〟と〝アニメーション〟を合わせた宣伝用の造語。

アラビアンナイトに出てくるシンドバッドが主人公。日本ではシンドバッド(Sindibaad)で、英語ではシンバッド(Sinbad)なので、どうしてかずっと分からなかったけど、原作がアラビアの古い文献だしどっちでもいいみたい。

この映画を初めてみたのはもう30年近く昔で、シンドバッド3作品のオールナイト。いまじゃオールナイトなんて考えられないけど、ビデオがまだそんなに普及してない時代にはとても楽しみな時間だったっけ。主人公がこの後のシンドバッドみたいにヒゲ面じゃないし、典型的なヒロインがいて、いろんなモンスターが出てきて、ヒロイック・アドベンチャーのまさにお手本みたいな作品。

カメラアングルがいろいろ動きまくりキャラクターが滑らかに動く3DCGに比べると、基本フィックスのアングルでよたよたと動くストップモーションは映像の仕上がりとしては明らかに劣るのは確か。でも、3Dの無機質な映像に比べると、手間隙かけた(3Dも手間がかかるのは一緒だけど)感というか味があって、ストップモーションの方が魅力的に感してしまう今日この頃。たぶん3Dに見飽きたからからっていうのもあるのかも。

自分もCGアニメーションをやってたので、キャラクターにうごきをつけるのがいかに大変かはよく分かってるつもり。何度も何度もやり直しが聞くCGに比べ、一コマ一コマ撮影していくストップモーションは途中でちょっとでも失敗したら最初からやり直し。しかも大まかな動きをつけてから細かく修正していくなんて不可能。それを考えるといかにハリーハウゼンという人はすごいことやら。

1950年代に作られたっていうその時代ならでの上品さみたいなものもあって、個人的にはハリーハウゼンが特撮を担当した中で一番好きな作品。技術的にはこの後の「アルゴ探検隊の冒険」が頂点かもしれないけど。




シンドバッド七回目の航海-s
シンドバッド7回目の航海 日本版ポスター

シンドバッド七回目の冒険-s
シンドバッド7回目の冒険 リバイバル版ポスター


シンドバッド7回目の航海-1
バーナード・ハーマンの音楽が秀逸なタイトルバック。

シンドバッド7回目の航海-2
この映画の裏の主人公ともいえるサイクロプス。

シンドバッド7回目の航海-4
他の2本と違ってヒゲ面じゃないシンドバッド(シンバッド)。

シンドバッド7回目の航海-5
なんとなく見過ごしてしまいそうなモンスターの表情。

シンドバッド7回目の航海-6
この表情の変化は何気にすごくて、アニメーション職人にとっては非常にやりがいがあるカット。

シンドバッド7回目の航海-8
タマゴの殻が割れるカットもけっこう難しかったはず。

シンドバッド7回目の航海-9
ものすごい影響を与えた、ガイコツ人形と実写の人間の戦い。自分も真似したことあります。

シンドバッド7回目の航海-10
クライマックスはモンスターのオンパレード。

シンドバッド7回目の航海-11
世界初?カラー映像のモンスターバトル。ちなみにキングコング対ゴジラは1962年公開。




シンドバッド 7回目の航海 [DVD]シンドバッド 7回目の航海 [DVD]
(2009/12/23)
カーウィン・マシューズ、トリン・サッチャー 他

商品詳細を見る


シンドバッド 7回目の航海 [Blu-ray]シンドバッド 7回目の航海 [Blu-ray]
(2011/10/05)
カーウィン・マシューズ、キャスリン・グラント 他

商品詳細を見る

オススメ

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版

CM

ブログ内検索

RSSフィード

  • 最新トラックバックのRSS

リンク

By FC2ブログ

DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売

ブロとも申請フォーム

Copyright © 射案比呂
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。