モーツァルト:ピアノ・ソナタ集第4巻(第11、15番、へ長調、幻想曲二短調)

モーツァルトソナタ04

1973年発売の第4弾。グールドの演奏の中では「ゴールドベルク変奏曲」の次に有名なのが、このアルバムの「第11番トルコ行進曲」。とにかく遅い!第1楽章の変奏曲は止まってしまうんじゃないかってくらいだし、第3楽章にしてもこんなゆっくりしたテンポで弾いた演奏家は他にいなかった。グールドが作曲家の指示よりもはるかに遅いテンポで弾いたことは、これ以前にも何度もあったけど、この「第11番トルコ行進曲」はモーツァルトのピアノ・ソナタの中で最も有名というだけじゃなく、ありとあらゆるピアノ・ソナタの中でもトップクラスで人気の高い曲。それをここまで個性的な演奏で弾いたことで、グールドの代名詞のようになってしまった。

意表をついた演奏でひと目を引こうとしたというのは、本人のインタビューでもそれっぽことを言っているので事実かもしれない。でも、「第11番トルコ行進曲」の第3楽章や「幻想曲二短調」は、遅いテンポで演奏することでより悲しさが強調されている気がするし、意外性を狙っただけではなく楽譜に忠実な演奏とは違った魅力を引き出していると思う。
スポンサーサイト

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集第3巻(第8,10,12,13番)

モーツァルトソナタ03

1972年に発売された第3集。CD全集などの作品番号順ではなく、LPで収録された曲順で聴くと、いきなりソナタ第8番イ短調の強烈なハイスピード連打で始まる。まるでロックのアルバムを聴いているかのようとでもいうか。モーツァルトの指示よりも明らかに速すぎるテンポ、かといって雑に弾いているかというとそうではなくてテクニックは完璧。だから最初は違和感があっても、何度も聴いているとこの演奏以外の演奏が生ぬるいように感じてしまったりする。

これはモーツァルトのソナタ集というより、グールドのアルバムなんだと思う。第8番イ短調だけじゃなく、他の曲もとにかく速い。どちらかというとモーツァルトのピアノソナタはベートーベンとかに比べると単調なので、これくらいの方が飽きがこないのは確か。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集第2巻(第6,7,9番)

モーツァルトソナタ02

第1集の翌年1969年に発売されたモーツァルトのソナタ集第2弾。モーツァルトのソナタを全曲録音するというプランに真っ先に驚いたのはコロンビア・レコードのプロデューサーだった。しかし会社はグールドが何を録音するにしても受け入れる体質になっていたので、反対されることはまったくといってなくなっていた。

コロンビアは、録音をこれまでのニューヨークからグールドの住むトロントに移行することも容認。それまで年に20回くらいニューヨークに行くことにストレスを感じていたグールドにとって、とても都合の良いことだった。1962年からグールドは飛行機に乗らなくなっていたので、車で移動した場合、片道で10時間も時間を潰さなくてはならなかっし、ピアノも一緒に移動させていたので税関手続きなどとても手間がかかっていたのだから。

このアルバムに収められた6番から9番と10番を通して聴くと、テンポや弾き方が全曲を通して統一されている感じがする。くっきりとしたタッチで全体のテンポは速め。まるで1枚のコンセプトをして計画的に仕上げたかのような。

オススメ

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版

CM

ブログ内検索

RSSフィード

  • 最新トラックバックのRSS

リンク

By FC2ブログ

DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売

ブロとも申請フォーム

Copyright © 射案比呂